CATEGORIES
★ おすすめ本♪(作者別)

本のblogです♪
本のブログです♪

★ 英語多読
 英語多読とは?
 YLとは?
 YL0の本
 YL1の本
 YL2の本
 YL3の本
 YL4の本

★ つぶやき
 日々つれづれ
 いんふぉ、なう♪

★ 地元・小樽のおいしいスイーツ♪
ルタオ
 小樽の洋菓子舗「ルタオ」
 ドゥーブルフロマージュ
 ショコラドゥーブル
 ジャージーロール
 セピアの香り
 プチカレ
 小樽色内通り
 ナイヤガラ
 ルタオプレミアまあある

★ お気に入りの化粧品♪
無添加主義のハーバー
 ハーバーとは?
 美容液
 VCローション
 スクアラン
 海の宝石
 スクワフェイシャルフォーム
 パウダリーファンデーション
 500C×B
 フカヒレ・グルコサミン4&5

★ 愛用しています♪(*^^*)
My Favorite
 LED照明携帯式ライトスタンド
 ガラス製の浅漬けポット
 ビタクラフトの圧力鍋
 手作り封筒屋さん 洋型2号(C6)
 茅乃舎 減塩だし
 茅乃舎 野菜だし

★ きれいな字のために♪
ペン習字
 日ペンの「ボールペン習字講座」
 使っている万年筆
 使っている筆ペン
 インクとコンバーター
 競書誌について
 ペン習字全般

★ やりくりで、
  年間100万円超貯めるコツ
やりくりと工夫
 1.ちりも積もれば
 2.1年間の支出を把握する
 3.貯金は天引き
 4.複数の通帳を使い分ける
 5.生活費は袋で小分け
 6.週に1度、冷蔵庫整理日を作る
 7.底値を把握する
 8.昇給分はなるべく貯蓄に
 9.1年に1度、予算を見直す
10.自分に合ったやり方は?

★ 記事を書いて報酬ゲット!
  BUZZIMP PRESS
  ドリームニュース

★ アンケート・モニター
 マクロミル

はオススメサイトです♪)

★ アフリエイト
 アフリエイトサイト一覧
 収入一覧表

★ レンタルサーバー
 ロリポップ

★ EnjoySite!
 本のお店
 紅茶のお店
ENTRIES
COMMENTS

 

WiseLife

充実した日々を過ごしたい、毎日楽しく暮らしたい、悔いのない生き方をしたい・・・いつも、そんなことを考えています。 同じように考えている方にとって、このサイトが少しでもお役にたちますように♪(*^▽^*)
home profile blogpeople  b b s mail
小夜しぐれ(みをつくし料理帖5)(高田郁)

日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の前で突然泣き始めた。伊勢屋の主で美緒の父の九兵衛が、美緒に婿をとらせようとしているというのだ。医者の源斉に想いを寄せる美緒のことを思うと、澪はいたたまれなくなったのだが・・・。「みをつくし料理帖」シリーズ5。

シリーズ5もさまざまなできごとが起きるが、澪はおのれの目標をしっかりと見定め、それに向かって突き進んでいこうとする。天満一兆庵の再建、野江の身受け、そのふたつは不可能と思われるほどの困難さだ。つる屋で料理の腕をふるう澪だが、はたしてそれが澪の願いをかなえることとどう結びついていくのか?これからの展開がとても気になる。澪と小松原の関係も、ゆっくりと動き出している。ふたりの今後は・・・?
今回もおいしそうな料理がたくさん出てきた。当時は菜の花がとても貴重なものだったとは知らなかった。なので、菜の花尽くしの料理の描写は圧巻だった。
読めば読むほど、どんどんこの作品にのめり込んでいく。面白かった。
| 作者別・・・た | comments(0) |

今朝の春(みをつくし料理帖4)(高田郁)

普段はお酒を出さないつる屋だが、月に3度「三方よしの日」にはお酒を出すことにした。澪と助っ人の又冶の作る料理も評判になる。そんなある日、澪は戯作者清右衛門が吉原のあさひ太夫を題材に戯作を書こうとしていることを知る。「野江のことが公になってしまう!」澪は心を痛めるのだが・・・。「みをつくし料理帖」シリーズ4。

野江のこと、伊佐三・おりょう夫婦の問題、そしてつる屋と登龍楼との料理対決など、今回も読みごたえ充分だった。清右衛門に戯作を書くことをあきらめさせるにはどうすればいいのか?伊佐三の浮気疑惑はどうなるのか?そして、つる屋と登龍楼との料理対決の前に澪にアクシデントが!困難な状況を澪はどう乗り越えていくのか?ハラハラしながら読んだ。この他にも、伊勢屋の美緒に大奥奉公の話が持ち上がり、澪が包丁使いの指南役を任された話が収録されている。
だんだんと澪を取り巻く状況も変化している。うれしいことばかりではない。悲しいこともいろいろある。さまざまなことを経験し、澪は成長していく。面白かった。次回も期待したい。
| 作者別・・・た | comments(0) |

想い雲(みをつくし料理帖3)(高田郁)

ある日つる屋に、神田永富町の版元「坂村堂」の店主と戯作者の清右衛門が訪れる。澪の料理をひどく気に入った坂村は、自分のところに雇い入れている料理人にこの味を覚えさせたいと言いだした。翌日やって来た料理人は、何と!かつて天満一兆庵の若旦那・佐兵衛とともに働いていた富三だった・・・。。「みをつくし料理帖」シリーズ3。

富三が語る佐兵衛の失踪の原因は、衝撃的なものだった。「まさか佐兵衛がそんなことを・・・。」母親である芳は衝撃を受ける。はたしてそれは真実なのか?また、シリーズ3では、吉原にいる幼なじみの野江とのつかの間の再会も描かれている。大阪の水害で死んだと思っていた野江。吉原にいることが分かってからも、そう簡単に会うことはできなかった。野江はこれから先どうなるのか、そのことも気にかかる。一方、澪がほのかに想いを寄せている小松原の存在も気になる。小松原には何か秘密がありそうだ。
今回もとても楽しませてもらった。澪が作る料理もおいしそうで、「食べたい!」と思うものばかりだった。次回も楽しみだ。
| 作者別・・・た | comments(0) |

花散らしの雨(みをつくし料理帖2)(高田郁)

神田御台所町にあった店が焼失した後、元飯田町に場所を変えてつる屋は新たなスタートを切った。忙しくなったつる屋は、新たに下足番としてふきという少女を雇い入れた。だが、ふきを雇い入れた頃から、澪の創作料理がライバル店である登龍楼から先に出されるようになった。澪は、ふきの不審な行動に気づくが・・・。「みをつくし料理帖」シリーズ2。

幼い少女が大人たちの妬みや恨みのために利用された。ふきとその弟の過酷な運命を思うと胸が痛んだ。このふたりはこれからどうなるのか、目が離せない。
また、澪たちと同じ長屋に住むおりょうの息子・太一が麻疹に罹った時の描写も印象に残った。伊佐三とおりょうの息子・太一は、実の親を火事で失い、そのショックから口がきけなくなっていた。だが、伊佐三とおりょうは、実の子同様に太一をかわいがっていた。その太一が麻疹になってしまう。当時は命にかかわる大変な病気だ。生きるか死ぬか?ふたりの懸命の看病が胸を打つ。そして、このことがきっかけで、澪、芳とおりょう一家との間に固い絆ができる。助けられたり、助けたり。人情味にあふれる話は感動的だ。
まだまだ謎もある。これから先どうなるのか気になることもたくさんある。次回が楽しみだ。とても面白かった。
| 作者別・・・た | comments(0) |

八朔の雪(みをつくし料理帖1)(高田郁)

神田御台所町の「つる家」で料理の腕をふるう澪。彼女は、洪水のため幼くして両親を失い天涯孤独の身だった。「つる屋」は澪の料理が評判で、客がひっきりなしにやって来た。だが、その繁盛を妬む者がいた・・・。「みおつくし料理帖」シリーズ1。

大阪に住んでいた澪は、幼い時に大水害で両親を失った。その澪を救ったのは、「天満一兆庵」の主人・嘉兵衛とその妻・芳だった。だが、その「天満一兆庵」も火事で焼けてしまう。嘉兵衛、芳、澪の3人は江戸にいるはずの嘉兵衛の息子・佐兵衛を頼ることにしたのだが、佐兵衛は行方知れずで江戸の店もなかった・・・。
失意の中で嘉兵衛は亡くなってしまう。そして芳も体調がすぐれない。だが、澪は負けなかった。創意工夫を重ね、澪は江戸の人たちの口に合う料理を考え出す。つる屋は繁盛した。だが、これから!という時に事件は起きた・・・。
このシリーズは、どんな逆境にも負けずおのれの信念を貫いたひとりの女性の物語だ。シリーズ1から波乱の展開で、この先どうなるのかワクワクする。この作品に登場する料理も興味深い。面白い作品だった。
| 作者別・・・た | comments(0) |

素敵な日本人(東野圭吾)

達之・康代夫妻は、元旦の早朝に初詣に出かけた。ふたりにはある決意があった。だが、神社で町長が倒れているのを発見してから、事態は思わぬ方向へと動き出す。「正月の決意」を含む9編を収録。

「正月の決意」はラストが良かった。真面目に生きてきたふたりの決意は、いい加減に生きている人間たちを目の当たりにしてどうなるのか・・・?これから先苦労はするかもしれないが、ふたりの未来に幸あれと祈るばかりだ。
「十年目のバレンタインデー」「壊れた時計」「クリスマスミステリ」は、殺人事件がからむ話だ。どの話もすっきりまとめられていて、読後感も悪くなかった。悪いことはできないものだ・・・。
「サファイアの奇跡」はネコが登場する話だが、ネコと少女の絆にホロリとした。
「水晶の数珠」も印象に残る話だった。やはり、親はいつも子供を愛し、その身を案じている。たとえ冷淡に装っていたりしても・・・。家族の絆は何物にも代えがたいと思う。余韻が残る話だった。
どの話も気軽にサラリと読める。なかなか面白かった。作者の感性が光る作品だった。
| 作者別・・・は | comments(0) |

ビブリア古書堂の事件手帖7(三上延)

栞子の母はなぜ姿を消していたのか?栞子と大輔の関係はいったいどうなるのか?シェイクスピアの古書をめぐる謎が解き明かされたとき、真実の扉が開かれた。シリーズ完結編。

シリーズ1〜6には、さまざまな本をめぐる謎があった。栞子と大輔は、何度か危険な目に遭いながらもそれらを解決してきた。そして、最後に残ったのは、栞子の母・智恵子にまつわる謎だった。彼女はなぜ栞子とその妹を置いて姿を消したのか?彼女の追い求めるものは何なのか?シリーズ7では、真実が明らかになる。
重要なカギを握るのは、シェイクスピアのファーストフォリオと呼ばれる稀覯本だ。その本をめぐる攻防戦の描写は、見事だ。いったいどちらに勝利の女神がほほ笑むのか?手に汗握る展開だった。
シリーズ1〜7は、どれも面白かった。本好きにはたまらない作品だ。このシリーズ7は、まさに完結にふさわしい内容だった。読みごたえがあり、読後感も悪くなかった。ただ、このシリーズも最後だと思うと、読み終えてしまうのがすごく惜しかった。できれば、栞子と大輔の物語を別の形でまた書いてほしいと願っている。
| 作者別・・・ま | comments(0) |

三鬼(宮部みゆき)

やむを得ない事情があったとはいえ、家臣同士の私闘はご法度。掟を破り牢に入れられた村井清佐衛門は、異例の処分で山番士として洞ヶ森村へ発つことになった。だが、その村には恐ろしい秘密があった・・・。表題作「三鬼」を含む4編を収録。三島屋変調百物語シリーズ4。

「怖かった!!」と言っても、怪談ではない。人の心が怖かった。鬼はいる。確かにいる。だが、もともといたわけではない。鬼は、人の心が作り出すものなのだ。恨みや妬み、疑いや嫌悪、そして貧困・・・。それらは人の心を荒ませる。そして、その荒んだ心がこの世に鬼を生み出す。作者は、人の心の陰の部分を巧みに描いている。だが、感じるのは恐ろしさだけではない。救いようのない悲哀さも感じる。「三鬼」では、貧しさゆえの悲劇を描いている。どんなに努力しても報われないこともあるのだ。「迷いの旅籠」では、あの世とこの世を独特の世界観で描いている。「食客ひだる神」では、神の存在を不思議なタッチで描いている。「おくらさま」は、ある娘の憤懣と悲しみの果てに起こった悲劇を描いている。
鬼を生み出すのは、特別な人間ではない。それは、どんな人間でも可能なのだ・・・。
面白いだけではなく、人間の本質を深く考えさせられる読みごたえのある作品だった。オススメです。
| 作者別・・・ま | comments(0) |

シンデレラ・ティース(坂木司)

小学校低学年の時に行った歯医者で嫌な思いをしたサキ。それ以来歯医者に行ったことはなかった。だが、母の計略に引っかかり、歯医者の受付のアルバイトをすることになってしまった。そこでサキが体験したことは・・・?

歯医者へ行くのが好きな人なんていない。まして、嫌な体験をしたのなら絶対に行きたくないと思うだろう。サキもそんな一人だった。けれど、バイトを通して歯科医院のスタッフたちと接するうちに、サキの心は変わっていく。みんな通ってくる患者のために、本当に一生懸命なのだ。治療中も、痛い思いや不快な思いをさせないようにと気を使う。歯医者恐怖症のサキも、歯医者を見直すようになる。その心の変化が読んでいて楽しい。患者のちょっとしたミステリーも、なかなか面白かった。軽いタッチのサラリと読める作品だ。読後感も悪くなかった。
余談ですが・・・。
年を取ってもずっと健康な歯でいたいので、私は年に2〜3回歯医者さんに歯のチェックをしてもらっています。みなさんにも、オススメします。
| 作者別・・・さ | comments(0) |

擬宝珠のある橋(宇江佐真理)

やむを得ない事情で蕎麦屋をやめてしまった老人。生きる張り合いの無くなった老人のために、伊三次はひと肌脱ぐことにしたのだが・・・。表題作「擬宝珠のある橋」を含む4編を収録。髪結い伊三次シリーズ15。 最終巻。

この作品に収められている4編のうちの最後の1編「月は誰のもの」は、文庫書き下ろしとして過去に出版された話だ。シリーズ15の話は、3編しかない。作者はこの3編を書いて亡くなってしまった。この3編はどれもとても読みごたえがあった。作者は、過去のシリーズと同じように、人の情けや悲哀、そして何気ない日常生活をじっくりと描いている。命にかかわる大変な病を抱えながら、冷静にこんな文章が書けるなんて!作者はもっともっと書きたかったのだ。安易な終わらせ方をせずに、これから先もずっと書き続けるつもりだったのだ・・・。読みたかった!伊三次のこれからの人生を。そして、伊三次の息子の伊与太の人生を。不破一家のこれからを。もう読めなくなってしまったと思うと、たまらなく寂しい。宇江佐真理さん、ステキな作品をありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。
| 作者別・・・あ | comments(0) |

| 1/73PAGES | >>



Since 2005.11.11
記事を書いて報酬ゲット♪